悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

初めての学会発表を終えて

こんにちは

悟です。

 

私は地方大学に通う農学部の4年生です。

はじめての学会が終わり数ヶ月が経ちましたので、初めて学会に参加したペーペーなりに、これから初めて参加する学生に向けて書いていきたいと思います。

 

 

 

学会とは?

まず初めに学会について説明します。

学会とはwikipediaによると

 学会(がっかい)とは、学問研究の従事者らが、自己の研究成果を公開発表し、その科学的妥当性をオープンな場で検討論議する場である。また同時に、査読、研究発表会、講演会、学会誌、学術論文誌などの研究成果の発表の場を提供する業務や、研究者同士の交流などの役目も果たす機関でもある。

 wikipedia より

簡単に言うと、研究者同士の発表会になります。

 

学会はどんな人が出る?

 

学会には実にたくさんの人が参加しています。

私が参加した学会では、大学の教授はもちろん、大学院生や学部生、高等専門学校生、企業の人、国の研究機関に従事する人、技術職の公務員など実にたくさんの人が参加していました。 

自分の発表内容を持って参加する人が大半ですが、中には勉強のために参加している人たくさんいました。

 

 

口頭発表かポスターか

 

 学会発表をする時は2つの発表方法から選ぶことになります。

それがみんなの前に立ってプレゼンテーションを行う口頭発表と自分の研究内容をポスターにまとめたものを掲載しその前に立って説明を行うポスター発表です。

 
口頭発表

 

f:id:satoruob:20181229205922j:plain

 

学会では分科会やセッションと呼ばれるグループで部屋分けがされており、基本的に自分と似た分野の人が発表できるように工夫されています。

部屋は大きなホールになる場合もありますし、大学で日常的に講義が行われる部屋のこともあります。

私は大体60人から70人くらいが入る部屋で、開催された大学の中では大きめの部屋でした。

 

部屋にはその日の発表者と関係者で7割くらいは埋まるのかなといった感じだったので、発表をこなしていくにつれて知り合いが増えていくのかなといったイメージです。

 

発表時間は学会にもよるのかもしれませんが、私の参加した学会では発表12分+質疑応答3分の15分でした。

初めての時は12分ってめちゃめちゃ長いな…と思ったのですが、スライドを組んでみると削らないといけない部分があり、12分話すことに関してはそこまで難しくないです。

 

ちなみに分科会によっては発表者たちで懇親会(飲み会)があったりするので、ぜひ参加することをおすすめします。

私の参加した分科会ではありました!

 

ポスター発表

 

ポスター発表はホールのような大きな部屋にポスターをずらーーーーーっと張って、その前に著者が立って、興味がある人に対して説明を行います。

ポスター発表にはコアタイムというものがあって、その時間は著者が立って説明をしないといけない時間帯です。

お目当ての人のポスターがあったり、直接話をしたい人は、その時間に行けば1対1で会話ができます。

 

ポスター発表のほうが、その研究に興味のある人と話ができるので、研究のアイデアや人脈は得やすいのかもしれません。

 

 

 

いつ頃から準備する?

 

 学会発表は、基本的に指導教官からのGOサインがでないと参加することはできません。

私の場合は3年の終わりくらいから学会発表の話はちらちらと出ていたので、学会発表に行くまでにここまでは進めようといった話し合いがありました。

参加した学会は9月だったのですが、締め切りは参加申し込みが7月、要旨の締め切りが8月でした。

 

私は口頭発表でしかも初めてだったので、6月くらいからスライドを作り始めて8月には研究内容も含めてスライドは完成版になっていました。

(2回目の学会発表では2週間ほどでスライドを作ったので、かなり手厚く準備をしたのだと思います。)

 

発表当日

 

f:id:satoruob:20181229210854j:plain

 

私は午後からの発表だったのですが、分科会自体は午前の9時やそのあたりから始まります。

「発表時間までに行けばいいやー」と思いがちですが、しっかりと朝から話を聞きましょう。

 

初めてだし、聞いてるのは大学の偉い人たちだし、自分みたいなペーペーが…と思っていましたが、先生たちは何度もそんなペーペーたちの発表を聞いてきたわけですから、そんなに気にすることはありません。

それよりも、自分の指導教官に感謝しつつ、胸を借りるつもりで堂々と発表しましょう。

私の発表の時は、指導教官が発表に合わせて来てくれていて、なんか参観日みたいな感覚でした…

 

 

学会は楽しい!!

 

f:id:satoruob:20181229210942j:plain

 学会発表を終えれば、その夜はみんなで夜の街に消えていきます。

3日間の参加でしたが、自分の発表も行い、ポスターの部屋にも行き、アドバイスをもらうこともできました。夜は、毎晩違う人と飲みに出て、他大学の先生にも顔を覚えてもらったり?他大学の学生と仲良くなったりと非常に密度の濃い3日間でした。

 

 学会発表は日々の積み重ねが必要ですが面倒だと思わず、参加できるなら全力で参加しましょう!

 

 私の在籍する農学部や研究室についてはこちらの記事でご覧ください

 

www.satorublog.com

www.satorublog.com