悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

日経平均の急落を昨日まで知らなかった話

 


こんにちは

 

悟です。

 

去年から今年にかけて好調だった株式相場ですが、日経平均が2万円を切るまで下がってきています。

 

f:id:satoruob:20181225205530j:plain

 

私はFP二級を取り、投資信託もやっているため、景気には関心があるつもりでした。

 

しかし、この株安を昨日の楽天からのメールを見るまで知らなかったのです。

私の持っている投資信託が全てマイナスになってしまっています。

 

f:id:satoruob:20181225205843j:plain

 

私が投資を始めたのはここ数年ですので、常に値が上がり続ける状態で買い続けていました。 

ここ1週間で日経平均どころか米国を中心に世界的に売られ続けている状況で、私にとっては初めて下がり局面を経験することになりました。

 

 

「やっと下がってくれてラッキー」

 

ニュースなどでは株価の急落を不安視する声が多いですが、私としてはやっと下がってくれたというのが正直です。

 

まだ投資を始めて数年で資産の総額も少ないですから、平均買い付け額が低い状態で持ち株数を増やして、後から上がってくれたほうが自分の利益になるからです。

例えば毎月10万円を株式に投資するとすると、1株当たりの値段が安いほどたくさん買えます。

 

1株1000円だと100株買えますが、1株2000円の時だと50株しか買えません。

 

そして、持ち株数が多ければ多いほど、株価の値上がりに対する利益も増えていきます。

 

先ほどの例だと、1000円が1500円になると100株持っているので5万円の利益ですが、2000円が2500円になっても50株しかもってないので、2万5千円にしかなりません。

 

 

このように投資を始めて初期のころはとにかく安く買って株数を増やすことが今後の利益につながります。

もっとも、今の値段が安いのか高いのかも今の時点ではわかりません。

 

特に最近投資を始めた人は、株価の上下に一喜一憂してもいいことはないということです。

 

株価が下がった事実を知っても不安になるだけだと思うので、私のように昨日まで知らなかったくらいが丁度いいのかもしれません。