悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

【書評】デルタ・ベースボールリポート2 数字で得られる新たな視点

 

こんにちは

悟です。

 

今回は「プロ野球を統計学と客観分析で考える デルタ・ベースボールリポート2」を紹介します。

本書は近年注目を集めるセイバーメトリクスを中心に最新の調査をもとに新しい指標の妥当性や改良、野球を楽しむための新たな視点の紹介が書かれている本です。

 

野球観戦が好き、野球をもっと知りたいという方におすすめです。

 

 

今回紹介するものは第2巻ですので、第1巻も発売中です。

2巻に関する記事を更新しました!

こちらもご覧ください。

 

www.satorublog.com

 

 

 

 

 

 

 

どんな本?

 

本書の内容は先ほど紹介したように、セイバーメトリクスの内容が中心で、指標の妥当性の検証や改良といった、なんとも理屈っぽいというか論文に出てきそうな言葉が並んでいます。

そんな難しい本は読めないし読みたくもないと思われてしまうのも嫌なので、何ページか見てみることにします。

 

 

f:id:satoruob:20181122104422j:plain

f:id:satoruob:20181122104437j:plain

 

 

論文集とは言わないまでも、少し固めな内容ですね。

表やグラフも多いですが、野球が好きでセイバーメトリクスに興味があるという人であれば必ず楽しめる内容です。

 

なぜなら、セイバーメトリクスが選手を正確に評価するためのものだからです。

本書であれば、坂本勇人のモデルチェンジや守備のスペシャリストである安達了一についてなど馴染みのある選手についていくつもの考察が見られます。

 

 

 

 

 

ストライクゾーンを上から見る!?

 

プロ野球の中継を見ていると「上手く前で捌いていますね。」や「引きつけています」など、ストライクゾーンの前後に関するコメントを聞くことがあります。

 

ですが、私たちが見れるのはストライクゾーンの高低や左右しかなく、ストライクゾーンの前後については感覚的なイメージでしかありません。

本項では、これまで感覚でしか捉えられていなかった、ストライクゾーンの前後について数字を用いて評価してみよう!という試みです。

 

 具体的にはストライクゾーンを上から見て、通常のストライクゾーンのように区分けします。

 

 

f:id:satoruob:20181123121243j:plain

 

さらに打球方向とストライクゾーンの奥行きを組み合わせて、打球のインパクトした場所ごとに打撃成績を集計してゾーンの分析を行います。

 

f:id:satoruob:20181123121313j:plain

 

 結果についてはぜひ本書を読んでもらいたいのですが、この分析を用いて、「和田毅投手と大谷翔平投手の速球の空振り率」や「広角打法を習得し首位打者を獲得した坂本勇人のモデルチェンジ」について一定の説明を行うことができます。

 

 

進塁打は無駄!?

 

野球経験者や野球好きの方にはおなじみの進塁打についても今回のリポートでまとめられています。

進塁打は、走者がいる際の右打ちや、意図的にゴロを打ちなど走者を進めるプレーのことを言いますが、 「進塁打」という明確な定義はなく「結果的に走者が進めば」進塁打とされる傾向にあります。

 

特に、意図的な右打ちを行い、走者が進む、あるいは12塁間を抜けて安打になってしまうと、あたかも「進塁打を打つ」という作戦が非常に合理的に見えてしまいます。

しかし、「進塁打」を狙わずに、「走者なしの時の打撃」を行ったときに得られるはずの結果と比較して、「進塁打」が効果的な作戦かどうかは疑問に残るはずです。

 

 

このリポートでは「進塁打を打てる場面」と「走者なしの場面」の打撃成績や打球傾向を比較し、進塁打の妥当性を検証しています。

こちらも結果は書けませんが、はやりの フライボール革命についても言及されており、非常に興味深い分析結果が紹介されています。

 

まとめ

 

ごくごく僅かですが、本書の内容を紹介してみました。

ここには書きませんでしたが、新外国人の成績を予想するという章や、難易度によるフライの分類と守備成績の評価という章も面白かったです。

 

スタジアムでの生観戦も楽しいですが、データを使って様々な角度で選手を評価することでさらに野球を楽しむことができると思います。