悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

【家事をしない彼氏】男子大学生は彼女を家政婦だと思っていないか。

 

こんにちは

 

悟です。

 

今回は大学生同士のお付き合いの話で、私が違和感を持っていることについて書きます。

あくまで大学生同士やカップルの両方が働いている場面を想定していますので、その辺りはご了承ください。

 

 

 

彼女いたら料理作ってもらえるね!とよく言われる。

 

彼女いるよーと友人に言うと大抵はこういう言葉が返ってきます。

 

いいなー、料理作ってもらえるやん。

 

この記事を読んでいる人の中にも言ったことのある人は多いのではないでしょうか。

実際、私も彼女が出来るまでは言っていたと思います。

ですが、少し落ち着いて考えるとおかしいことに気づきませんか?

 

なぜ彼女=料理を作るになるのか

 

先ほどの言葉は日本特有と言うか、私たち(22歳)のお母さん像を反映していると思います。

 

現在大学生の世代の親はおそらく男性が働き手、女性は専業主婦という形が多かったように思います。

お父さんは毎日働き、お母さんが食事をはじめとする家事を行う。

そのイメージをそのまま同年代の女性に当てはめています。

 

当然ですが、お母さんが家事に専念していることによってこと役割分担は成り立っています。

しかし、大学生同士のお付き合いの場合、家事に専念している女性がどれほどいるでしょうか?

 

男性が部活やサークル、授業にバイトに行くように女性も同じ環境に身を置いているはずです。

将来はこんな仕事につきたいな。

将来はこういうことをしてみたい。

と夢に向かって頑張っている女性は男性と同じようにいます。

 

それにも関わらず、なぜ女性が料理をすることになっているのでしょうか。

もちろん料理だけではありません。

掃除、洗濯でも何でもそうですが、女性に知らないうちにやらせていることが沢山あります。

 

 

男女平等には程遠い男性側の意識の低さ

 

たしかに、女性の方が掃除や料理などに対する意識が高いように思います。

しかし、これは女性が生まれつき持つ気質などではなく、生まれた時から、自分の親や周りをみて育ち、女性は男性をサポートするのを良しとするような雰囲気に揉まれてきたからです。

 

そして男性は、毎日仕事をして返ってくるお父さんをみて育ち、家事が不得手であっても男子だもんねと甘やかされて育ってきたからです。

 

現在は女性の進学率も上がり、働き先でも女性の活用が求められています。

ですが、家での役割は変わっているようには見えません。

 

大学生同士のお付き合いでも多くみられます。

女性にも大学生活があるにも関わらず、お付き合いをすることにより、家事の量が2倍になる。

 

女性側はこのような状況で付き合う意味があるのでしょうか。

 

そのお付き合いする男性に周りとは違う輝きがあり将来性を感じるのでしょうか。

そんな男性なら家事くらいはこなせます。

 

女性に求めることが多すぎる

 

先ほど述べたように、社会からは働くことを求められ、家庭では家事をこなすことを求められる

 

私たちの上の世代の女性はこのギャップに苦しみ、仕事、あるいは結婚を諦めて来た人も多いでしょう。

その自体は大学生もさほど変わっていないように思います。

 

 

同じ立場なら対等なお付き合いをするべきでは

 

だらだらと書いてしまいましたが、大学生同士で立場が同じなのであれば、対等なお付き合いをするべきではないでしょうか。

大学まで来て進んで家政婦になる女性がどれほどいるでしょうか。

もちろん、個人の自由です

 

本意でそうなっているのであれば何もいうことはありませんが、女性側が何も言ってこないことを良いことに頼りきっている男性はいないでしょうか。

 

家政婦まではいかずとも、知らず知らずのうちに女性が、男性の家を掃除したり、頻繁に料理を作ってあげるような状況になるカップルは多いです。

 

女性はしょうもない男性に搾取される前に別れてください。

男性はもっと女性の可能性を大切なしてください。

 

今回の記事は、LEAN INという本にかなり影響を受けています。

周りの持つ女性像に苦しんでいる女性、彼女を家政婦だと思っている男性に読んでもらいたいです。

www.satorublog.com

 

 

以上です。