悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

英語学習の「目的」決まってますか?自分にあった方法を見極めよう!

 

f:id:satoruob:20180922213031p:plain

こんにちは

悟です。

 

今回は英語学習の目的について書いていきます。

英語学習というと、1カ月でTOEICを200点あげたり、聞き流すだけで英語力を上げたりと常人にはできないような成果を出す方法が出回っており、自分の目的と混同してしまう人が多く見受けられます。

 

そんな人の為に、自分に合った方法を見極めるすべを提案したいと思います。

 

 

 

明確な目的はなくてもいい!

 

英語学習でも何でもですが「目的を決めよう」と言われますよね。

 

FPや簿記みたいな資格であれば、目的は「試験に合格すること」になってわかりやすいですが、英語は関連資格も沢山あり、言語と言う性質上ゴールはありません。

 

あなたの英語学習の目的は?

 

と聞かれて私はハッキリ答えられません。

TOEIC スコアも上げたいし、会話もできたらいいし、洋書も読みたいし映画も見たいです。

 

このように私の英語学習の目的は沢山あって、明確な目的はありません。

そんな私でもTOEIC スコアも270点から790点まで上がりましたし、今も学習を続けており最近は洋書に挑戦中です。

 

なので、いま目的がわからなくて右往左往している人もいわば当然で、英語が出来るようになった場合の可能性を感じているのでむしろ英語学習のモチベーションは高いと言えます。

 

 

好きな事をしていい、ただし時間があれば

 

英語という性質上、目的もゴールもその人次第なので、他人にとやかく言われる筋合いはないのです。

先ほど話しで納得した人は自分の好きなように勉強したらいいと思います。

 

ただし時間があればです。

 

来月留学なんだけど…

3ヶ月後にTOEIC がある…

1年後に昇進試験が…

 

このように英語でやりたいことは沢山あるけど迫ってくるものがあるのが通常でしょう。

 

なので、多くの人は目的が混在しており何を優先して勉強すればいいのか、わからない。

という状態だと思います 

 

 

あいまいな目的を言葉にしよう

 

多くの目的が混在する英語学習ですが、言葉で表現することで整理することが出来ます。

簡単にですが、目的を書き出してみます。

 

進学、就職に向けた試験のスコアアップ

 

海外留学、ディスカッション、プレゼンテーション 

 

日常生活

 

読書や映画鑑賞など娯楽

 

自分が思いつく目的はこのあたりですが、参考にして自分なりも目的を考えてみてください。

 

 

私の目的と学習遍歴

 

このうち、 進学、就職に向けたスコアアップは普通の資格と同様に勉強法ははっきりしています。

TOEICなりTOEFLなり該当する試験対策を行えばよいのです。

TOEICの勉強方法については別の記事でスコア別にまとめていますのでこちらをご覧ください。

 

www.satorublog.com

www.satorublog.com

 

それに対して、日常会話、読書や映画鑑賞はゴールがあいまいで学習のモチベーションを維持するのは非常に難しいです。

更に、スコアとして残ることもないため、学習を辞めてしまうとみるみる力も落ちてしまいます。

 

これは私の実体験ですが、このような終わりの見えにくい目的で英語を勉強していくためには、まずは資格やスコアを求めて学習し、徐々に試験対策からフェードアウトしていく流れがいいです。

 

会話に関してはある程度の語彙が無いと、会話力の伸びしろも限られてしまいますし、読書もそうです。

映画等のリスニングを必要とするものになると、試験の綺麗な英語が聞き取れない段階でネイティブの発音を聞き取れるわけがないのです。

 

私の学習遍歴についてはこの記事に書いてありますのでよかったらご覧ください。

 

www.satorublog.com

 

この記事にもありますが、初めは海外留学の足切りである470点を取るためにTOEICを始めました。

そこから実際に短期留学を行い、英語の楽しさに気づき就活にも使えつぶしの効きそうなTOEICを勉強し790点までスコアが伸びました。

そこからTOEIC対策がつまらなくなり、現在はヒアリングマラソンを軸に、洋書にも挑戦しているという次第です。

 

ヒアリングマラソンが何かわからない方はこちらの記事をご覧下さい。

 

www.satorublog.com

 

私は、TOEIC790点という段階で試験対策が嫌になった人ですが、もっと早く別の学習法に変えてもいいし、もっとTOEICスコアを求めてもいいと思います。

 

例えば、外資系企業など英語が求められる仕事に就きたいのであれば出来るだけ最短でスコアを上げなければ時間切れになる場合もあります。

一方理系であれば、そこまでTOEICの高得点が必須とまではいかないので、 600点を超えた段階で文献を積極的に読むなどシフトしていくのも手です。

 

もっとも、TOEIC900点までは実力とスコアを綺麗に表すと言われているので、TOEICマスターを目指す人以外は900点まで行けばTOEICを卒業してもいいでしょう。(私も早く卒業したいです)

 

 

目的別学習法

 

以下では目的別に学習法を簡単にまとめてみます。

 

TOEIC対策

 

TOEIC対策に関しては、参考書を買って独学で行うパターンと通信講座を受けるパターンがあります。

参考書に関してはこちらの記事にスコア別(400,500,600,700)にまとめています

 

www.satorublog.com

 

通信講座ですが、アルクのTOEIC(R)テスト対策講座 がオススメです。

私はアルクの800点講座を利用しました。

結果的に800点は超えませんでしたが、700点から790点と90点アップは非常に大きいです。

それ以外にも500点から900点まで幅広いラインナップとなっているので自分に合う講座を探して見てください。

 

 

それ以外にはスタディサプリがオススメです。

 

スタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

 

 
日常会話(英会話)

 

 

英会話についてはスクールに入る以外にも沢山の選択肢があります。

 

中でも語学学習に関して長い歴史を持つロゼッタストーンは非常にオススメです。

英語以外にも幅広い言語に対応しているので一度試してみる価値はあります。

 

 

スタディサプリENGLISHにも日常会話に対応しているものもあります。

 日常会話コースでは月々980円から始められるので、手軽に始めてみたい人は通信講座よりこちらが向いているかもしれません。

 

 

 

 

映画鑑賞やドラマ(映像媒体)

 

こちらではリスニング力がモノを言いますが、聞くだけでは上達しません。

リスニングは発音できないと音は聞けないですし、語彙がわかってないと理解できません。

 

なので総合力が必要になります。

 

その総合力を身につけられるのがアルクのヒアリングマラソンです。

 

ヒアリングマラソンについては毎月の学習記録と内容の紹介をやっているので、興味のある方はこちらの記事をご覧ください。

 

www.satorublog.com

www.satorublog.com

www.satorublog.com

 

 

 

読書

 

最終的に読書を楽しみたい方には、雑誌の定期購読がオススメです。

 

ナショナルジオグラフィックなどを定期購読する事で、毎月新しい英語に出会うことができます。

いきなり読書をしようと思うと、小説で話し言葉が出てきたり、難しい単語が出てきて詰んでしまうので、まずは少ない分量で完結する雑誌がいいと思います

タイムズなどのビジネス書はもちろん、ナショナルジオグラフィックや、ネイチャーなど理系にとってもありがたい雑誌が注文できます。

 

こちらから公式ページに飛ぶことが出来ます。 

 

 

まとめ

 

 長かったですが、最後まで見て頂きありがとうございました。

英語は、様々な場面で求められる力ですが、どの力が必要なのか曖昧な場合も多く、それゆえに学習方法の迷走が起きてしまいます。

 

自分はどんな英語力を身に付けたいのか、それを考えることで効率よく学習できると思います。