悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

【書評】スタンフォード大学で一番人気の経済学入門 ミクロ編

 

 

こんにちは

経済学が好きな農学部生の悟です。 

 

今回は私が経済学に出会った本を紹介します。

私はFPを取ったり投資を始めてみたりなにかとお金に興味があるのですが、全ては今から紹介する本から始まったと言っても過言ではありません。

 

その本がこちら

 

 

 

 

本屋でもよく平積みされているので目にしたことがある人もいると思います。

やはりテレビでも有名な池上彰さんが帯に載っていることが大きいのでしょうか。

 

というわけで、紹介していきます。

 

 

 

 

本書の内容

 

本書は、ミクロ経済学について書かれています。

経済学と言うと数式が多く、難解なイメージがありますが、本書には一切数式は出てきません(私の記憶では)

 

経済学の講義で単位をもらうのは難しいでしょうが、私のような経済学を単純に知りたい大学生や経済学に興味のある人であれば十分読みこなすことのできる内容です。

 

マクロ編もありますので、ミクロを読み終わったらマクロを読むといいでしょう。

 

本書がオススメな人

 

ビジネスに興味がある人

経済学部に関心のある高校生

全ての大学生

 

ここで、全ての大学生としたのは、どの学部でも基本的な社会の動きは知っておくべきだからです。

研究をするにしても開発をするにしても、予算や需要というのは必ず社会の動きと関わってくるからです。

この本は本当にわかりやすいため、高校生であっても読み進めることができると思います。 

 

ここからは簡単に内容を紹介していきます。 

 

本書の目次

イントロダクション 経済学の考え方

第1章 経済学とは何か

第2章 分業

第3章 需要と供給

第4章 価格統制

第5章 価格弾力性

第6章 労働市場

第7章 資本市場

第8章 個人投資

第9章 完全競争と独占

第10章 独占禁止法

第11章 規制と規制緩和

第12章 負の外部性

第13章 正の外部性

第14章 公共財

第15章 貧困と福祉

第16章 格差問題

第17章 情報の非対称性

第18章 企業と政治のガバナンス

 

分業のメリット

 

 現代社会では、何か製品を作る場合かならずと言ってよいほど分業が行われます。

テレビやスマホなど高度な電子機器はもちろんですが、鉛筆でさえも国際的な分業を行って生産が行われているのです。

 

 

分業のメリットは大きく分けて3つあります。

 

1.分業すると労働者は得意な仕事に、企業も地の利を生かした事業に集中できる

 

2.分業で1つの仕事に集中すると、その仕事に習熟しやすい 

 

3.分業すると規模の経済を活用できる

 

私たちのほとんどは野菜を育てたことはないし、家を建てたこともありません。

もし自分の食料は自分で作り、住処も作ることになったらどうでしょうか…とても効率が悪くて生きていけませんよね。

それでもこんなに便利な生活が出来ているのは分業のたまものと言えます。

 

なので、現在学生の方は、何らかの専門性を身に付けなければ社会で通用する人材にはなれないかもしれませんね。

 

 

外部性をコントロールする

 

外部性とは、ある経済行為によって、直接の売り手と買い手以外の誰かが影響を受けることをいいます。 

 

経済を健全に発展させていく為には、この外部性がどのように作用するのか理解する必要があります。

もし、特定の経済活動によって、他の人が損害を受ける(負の外部性といいます)ようであれば規制などルール作りを行う必要があります。

もっともわかりやすい例は「公害」です。

 

逆に、他の人も利益を得るような場合は正の外部性といいます。

この例は「教育」と「発明」です。

 

こちらは積極的にやってほしい活動ということになるので、教育を提供する人や研究者の利益を確保できるようなルール作りが必要ですよね。

著作権や特許などはこのために存在します。

 

公共財になる理由とは?

 

公共財は簡単に言うと、道路や消防、水道事業など私たちの生活になくてはならないものです。

 

最近、水道を民営化するとかいうニュースがありましたが、公共財になる理由を説明していきます。

公共財は「非競合性」と「非排除性」を満たすもの、あるいはその度合いが高いものです。

 

非競合性は使う人が増えても減らないもの

非排除性は対価を払わない人が居ても、排除できないもの

 

医療や教育も国から提供されていますが、完全に「非競合性」「非排除性」を満たしてはいませんが、度合いは高いですよね。

 

国から提供されているから公共財でそれ以外は公共財でないということは一概には言えません。

水道民営化の議論も、このような公共財というものについて考えると建設的な議論が出来ると思います。

 

まとめ

 

ミクロ経済学の理論を理解することで、規制などのルール作りや水道民営化などの社会問題への理解が深まる事を実感してもらえたのではないでしょうか?

 

本書は初めて経済学に触れる人に非常にオススメな本ですので、良かったら読んでみてください!

 

ミクロ経済学を学んで少し経済学に踏み込んでみたいと思ったらこちらの本もオススメです。計量経済学という分野の入門の入門に当たる本だと思います。

 

www.satorublog.com

 

経済学を学んだあとは投資を始めてみることをオススメします。

 

www.satorublog.com