専門書は買うべきか?借りるべきか?

 

こんにちは

 

悟です。

大学生なら、誰もが購入をためらう専門書。

教科書レベルでも1冊3000円くらいは普通にしますよね。

私が大学の生協で見た本で最高額は1万5千円でした…。

 

本高すぎ!こんなの買えない!

と思う気持ちもありつつ

いや、卒論でも使うし手元にあった方がいいかな…と思うこともあると思います。

今回はそんな悩みを解決するために私の日頃のやっている線引きを紹介したいと思います!

 

 

 

 

 

買うメリットは?

 

書き込める

まず買うメリットは圧倒的に書き込めることですよね。

線を引く、式の行間を埋める、補足説明を加えるなど自由に自分のノートにすることができます。 

基本的には読むだけでなく、書き込みながら読み進める方が理解もしやすいので、私は読書でも専門書でも書き込みながら読み進めます。

 

 

調べたい時にすぐ見れる

購入した本であれば、いつでも参照することができます。

論文を読むときや別の専門書を読んでいるときに、いちいち図書館に行っていては話になりませんから、よく使う本であれば手元に置いておきたいのが正直なところですよね。 

 

 

買うデメリット

 

書籍代がかかる

 専門書を購入するにあたって、最も困るのが書籍代です。

新書やビジネス書ならともかく、専門書は非常に高価なため、読みたい本を全て購入しているときりがありません。

 

置く場所に困る

専門書は買ったとしても毎日読むわけでもなく、きっちり最後まで読むわけでもありません。

それにも関わらず読みたいときにすぐ取り出せる位置に置く必要があり、置き場には非常に苦慮します。

 

 

 

 

そもそも借りるメリットは?

 

本を借りるのはタダ

 

本来、専門書を買おうとすると安くても3000円、高いと10000円を超えてしまいます。

当然ですが、図書館で借りてしまえば3週間ないし、1ヶ月ほどは無料で本を読むことができます。

 

デメリットは?

 

本を汚せない

 

借りた本は人のものなので当然、丁寧に使わなければなりません。

線を引いたら書き込んだら、行間を埋めることもできないので本を汚したい私としては非常に煩わしくなってしまいます。

 

借りるために時間がかかる

 

本を借りるためには大学でも県でも図書館に行かなければいけないので時間がかかります。

 

さらに借りられていた場合は返却されるまで待ってから借りなければなりません。

 

 

 

買う本と借りる本の線引き

 

よく参照する本は買う!

 

まず、よく参照する本は買ってしまいましょう。

先ほど説明したように、いちいち借りに行ったりスキャンするのは非常に手間です。

 

自分の理解に使いたい本は買う

自分が勉強して、その分野を理解する目的の本は購入してしまいましょう。

 自分の理解の為の本であれば、よく参照するでしょうし、書き込みも可能な方がいいからです。

 

格式高い専門書は借りる

 

格式の高いというのは、論文などで式や定義などを引用したいときに使う本のことをイメージしています。

 

必然的に専門性が高く、値段も高くなりがちです。

積極的に読んで書き込みや付箋をつけて使用するケースは少ないと思うのでこちらは必要に応じて借りるのがいいと思います。

 

他学部に所蔵の専門書は買い

 

先ほど借りてしまいましょうと言いましたが、それらの本が自分の学部やキャンパス内に蔵書があればの話です。

 

おそらく多くの大学では学内の別のキャンパスから蔵書を無料で取り寄せてくれるサービスがあると思います。

1回目はそのようなサービスを使って借りるのもいいですが、やはり取り寄せとなると2日ないし3日はかかってしまうので、今後も使う本であれば買うのがいいと思います。

 

 

まとめ

 

最後に簡単に整理しておきましょう。

買うべき専門書:よく参照する本、自分が理解する為に書き込みたい本、他学部に所蔵のある本

借りるべき専門書:引用するときに参照する本、自分の学部に所蔵がある本 

 

私はこのような形で買う本と借りる本を区別しています。

一部でも参考にして、本代の節約と利便性を両立していきましょう。

 

私が使用した専門書は備忘録的に紹介している記事もあります。

もしよければご覧ください

 

www.satorublog.com