【書評】ブログ飯 私はブログ飯を目指さない

こんにちは

 

悟です。

 

今回は染谷昌利さんの「ブログ飯 個性を収入に変える生き方」を読んだので紹介したいと思います。

 

私はブログを始めた理由として、自分の考えを発信したり、共有できる人が欲しいということを挙げました。

正直にいうと、収入が得られる可能性があると言うのも理由の1つです。

 

私のような普通の人でも、ブログで多少なりとも収入が出れば、就職せずにブログ飯で生きているのでは?と色気が出てしまうものです。

 

今回はそんな甘い幻想を抱く私に牽制をする内容です。

 

 

 

 

ブログ飯とは?

 めちゃめちゃ簡単に言うと、ブログによる収益で暮らすことです。

自分の好きなことや得意なことをベースにして、情報を発信することで収入を得よう。ということです。

 

この本では、いきなりブログで暮らすことを話しているわけではなく、ブログ飯を成し遂げるまで様々なステップがあることも説明しています。

そういった部分をすっ飛ばして、「ブログ飯」という言葉が使われるケースも見られます。

 

私はブログ飯を目指さない

結論から言うと私はブログ飯を目指しません。

ただこれはブログ飯で書かれていることに反対しているのではなく、あくまでブログで生計を立てようとは思っていない。と言う意味です。

 

ブログから収益が多少なりとも出るとブログで生活出来るような気分になりますが、本書に書いてある通り、そんなに簡単なことはありません。

 

結果的に本当にブログ飯を実現するような人は、会社を辞めたいと本当に思っていたり何かしら理由がある人でしょう。

 

現在私は普通の大学生として生きており、大学院にも進学する予定です。

そういった現在の自分の状況を見ると、むしろブログで生計を立てようと言う考え自体がリスクだと思います。

 

染谷さんは本書で

 

自分自身でお金を稼げるようにしておくことが最大のリスクヘッジだ。

 

ブログで収入を得るのはあくまでリスクヘッジであるということです。

 

なので決して本業、私であれば学業(社会人であれば現在の仕事)を疎かにして行うべきものではないと思うのです。

もちろん、本業と自分の関係に問題がなければですが。

 それに、ブログ1本で生活(かなり難しいこと)しているのであれば、それはそれでリスクの高いことだろうと思います。

多くの人はブログ意外にも、noteやセミナー、出版など様々な手段で収入を得ているケースの方が圧倒的に多いでしょう。

 

 

大学生である私にとってまず目指すべきは、多くの人と同じ、定職についてそこでお金を稼ぐことです。

社会人にとって企業に勤めることは、働いてない大学生にとっては理解しにくいかもしれませんが非常にメリットが多いのです。

そういった中で、活躍している一部の人を見て、バラ色の生活だと勘違いするべきではありません。

 

今活躍している人たちの多くは、こちらで稼がざるを得ない人もいますし、例外なく努力をされていると思います。

 

続けることは私の得意な事

 

ブログ飯は目指さないと言いましたが、1つの収入源としては育てていきたい部分なのは確かです。

副収入を得たいのであれば、別にブログで無くてもいいわけです。

バイトだって立派な副収入になり得ます。

数ある副業の中で私がブログで収入を得たいのは私が続けるのが得意だからです。

 

私はどこにでもいる、多少は真面目かもしれませんが普通の大学生です。

私が他の人と差をつけようと思ったら、他の人よりも沢山すること以外ありません。

効率を求めていくのも、短期間で一気に追い込んでいくのも好きではありませんし得意ではありません。

 

根性論的に感じるかもしれませんが、普通のことを普通じゃないくらい続ければ、それは異常です。

 

この言葉を見て、私でも異常になれるかもしれないと思いました。

まだ初めて数ヶ月、記事数にして60程度ですが、これが1年、2年と続けていけばきっと状況も変わってくると思います。

 

今後実践すること

結果を出すには、続けていくだけでなく、成長もしなければなりません。

その中で本書の中から、今の自分にも出来そうで実践してみようと思うことをピックアップしてきました。

 

毎日ネタを1つ見つけてくる

私の中で重要なのは「毎日」欠かさずやるけど、「1つ」でも見つければいい。という、この絶妙なハードルの高さです。

1つくらいは見つかるだろうけど、それを毎日欠かさず行うのは意外と難しいです。

 

オチを考えてから文頭、文中を書く

これはブログの内容の方です。

50記事も超えてきて、文章を書くことに関しては慣れてきました。

なので少しレベルを上げて、記事の中で一貫性を持たせようと思います。

 

私はかなり思いつきで書いてしまうので、書きながら論点がそれてしまうことがよくありました。

なかなか自分の中でオチを作れず、記事を書くのに時間がかかっていたので、時間の短縮もしつつ、記事のクオリティをあげていきたいです。

 

勉強時間は絶対に削らない

先ほどの記事を書く時間を減らすことにも繋がるのですが、勉強時間は絶対に削らないようにします。

自分の成長なくして、ブログの成長はあり得ないからです。

 

自分の感じたことや感想を入れる

こちらも記事の中身の話になります。

書評であっても何かお得な情報でもなんでも自分の感じたことや感想を入れることを心がけようと思います。

 

なにかの情報を記事にする時はどうしても情報を伝えておしまい。となってしまいがちなので、自分の言葉で伝えることを心掛けたいです。

 

常にチャレンジし続ける

常に何か新しいことをしている状況を作りたいと思っています、

やはり、何か実際にやってみることでその分野を理解する第一歩にもなりますし、新しい挑戦の数だけ自分が成長できるし、自分に深みができると思います。

 

まとめ 

 ブログによる収入はあくまでもサブ、ブログは自分の成長のための手段。

この2つを忘れずにこれからもブログを育てていきたいと思います。

 

おそらくこの先何度も、迷うことがあると思うので、その度にこの本に戻ってこようと思います。