悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

TOEIC L&Rで700点を超える勉強法

 

f:id:satoruob:20180729211928p:plain

悟です。


今回はTOEICで700点を超えた時に私がやっていた勉強法を公開します。


600点から700点に伸ばすには500から600と比べると非常に時間が掛かり、既に600点を超えている安心感からも挫折してしまう人も多いでしょう。


700点はTOEIC人口の上位3割に入ります。
上級者を目指す人たちに少しでも参考にしてもらえればありがたいです!

 

 

また、最短でスコアを上げようと思うなら、アルクの通信講座がオススメです。

 

私自身、アルクの800点講座を受講し705点→790点まで上げることができました。
現在アルクの700点講座は、4ヶ月という期間で一つ上のステージである700点を目指すことが出来ます。
カリキュラムも詳細に決められており非常におすすめです。

下のリンクから詳細を見ることができます。

 

4カ月で本番で実力を発揮するテクニックを。TOEIC(R)テスト完全攻略700点コース

 

700点取るには何時間勉強が必要なの?

TOEIC,学習時間

https://elt.oup.com/elt/students/exams//pdf/elt/toeic_teachers_guide_international.pdf?selLanguage=en

 

この図を見ることで自分の現在の点数から目標の点数まで何時間程度の勉強時間が必要なのか確認できます。

 

もしあなたが650点なら750点まで上げるのに225時間程度必要だとわかりますね。

こちらの数字はあくまでも参考の数値ですが、かなりの学習時間を確保する必要があるのです。

また、学習時間の記録にはStudy Plusがオススメです。

 

www.satorublog.com

 

 

 

模試をやろう

 

ようやく私の勉強で始めて模試が登場します。

これまでは私は模試をせずにTOEIC対策を行ってきました。


模試をやっても2時間集中力持たないし、最後まで解ききれないし、学ぶことが多すぎて今じゃない感が凄かったのでしてませんでした。

私が公式問題を使っていない理由は別記事に書く予定です
簡単に言うと、問題が少ないことと、解説が優しくないことです。
600点や700点の人は、全問題の3割から4割も間違えてしまうということなので解説からも学ぶことが非常に多いです。
その点から参考書も解説が充実しているものを選んできたつもりです。

その弱点をクリアした模試がこちらです。

 

 

 

 


リーディングとリスニングで分かれているので通してやるには2冊買う必要がありますが、合わせても2000円程度なのでぜひ検討してみてください。


この問題集はとにかく解説の充実と、圧倒的な問題量です。
全ての問題に正答率と重要語彙、解説が詳細に書かれており「なぜ間違えたのか」ということをしっかり把握できます。
問題量はリーディング、リスニングそれぞれ5回ずつ入っています。

 

2ヶ月で攻略シリーズ

 

この2か月で攻略シリーズは470点、600点、730点の3種類に分かれているため、今回紹介する730点シリーズで最後です。
730点ものでは、テクニックはほとんど紹介されておらず、過去2作と比較しても問題量がかなり増えています。

リスニングパートとリーディングパートが半分ずつ入っているのですが、リーディングパートの半分が文法問題となっています。
「このスコアまでくると文法問題も解けないとダメだよ」と言われている様です。

 

文法は自然に解けるようになる

 


TOEICで○○点を超えるシリーズもこれで4回目になりますが、初の文法書の登場になります。


これまで文法書を紹介していなかったのは文法は英語がある程度できるようになれば文法問題も解けるようになると思っているからです。
実際にTOEICを受けた人は、パート5.6で純粋な文法問題はいくつあると思いますか?

文脈から推測する問題、名詞か動詞か形容詞などを選ぶ問題、純粋な語彙問題、これらも全てパート5.6に出るわけです。
純粋な文法問題はパート5.6の3割程度しかありません。

なので、文法書を使って、小難しい文法を覚えたとしてもパート5.6の限られた問題しか解けないのです。

それに対し純粋な英語力を鍛えれば、パート5.6にも有効ですし、パート7の正答率も上がるはずなので、私はTOEIC600点くらいのころはほとんど文法を勉強していませんでした。


音読

 

これはもっと早くやっておくべきだと後悔している勉強法の1つです。
ここで紹介した模試は解き終わったら必ず音読をするようにしましょう。
600点を超えるときに紹介したように、1日1回を10日間継続してください。

それが終わったらあとは隙間時間にひたすら聞くようにしましょう。
机に座って勉強できない日にどれだけ英語に触れる時間を確保できるかが勝負の分かれ目だと思います。


まとめ


600点を超えるための勉強法では、大コケするパートを無くすということを話しました。
それに対し700点を超えるには、苦手パートを無くし、得意パートを確立する必要があります。

公開テストにおいて700点を超える人は約35%と言われています。
700点を取れればTOEICで少しいい気分が出来る(笑)と思いますので、頑張っていきましょう!!


また700点を超えた暁にはヒアリングマラソンに挑戦してみてください!
学習記録更新中です!

 

 

www.satorublog.com

 

600点を目指す方はこちらの記事をご覧ください