TOEIC L&Rで600点を超える勉強法

f:id:satoruob:20180812091045p:plain

 

こんにちは

悟です。
今回はTOEIC で600点を越えるための勉強法を書きたいと思います。
600点といえば、初心者の目標ですよね。


しかしながら、TOEIC 公開テストの平均点は580点前後で、大学生の平均は470点です。
なので600点と言うのはそこまで簡単なスコアではありません。
しっかりと自分のレベルを見極めて適切な勉強法を選ぶ必要があります。
それではいきましょう。

 

 

また、最短でスコアを上げようと思うなら、アルクの通信講座がオススメです。
私自身、アルクの800点講座を受講し705点→790点まで上げることができました。

現在アルクの600点講座は、他の通信講座と異なり講義動画付きと非常に充実した内容になっています。

下のリンクから詳細を見ることができます。

 

 

当ブログではヒアリングマラソンに関する記事を毎月更新中です!

 

 

www.satorublog.com

 

 

リスニング力の底上げ

 

600点を確実に越えるためにはリスニングパートでどれだけ点数を稼げるかが重要です。
その為に、私は以前やった究極のゼミのパート2.1と3.4をもう一度やり直しました。

 

 

 

 

以前やった時よりも、高度な内容が頭に入ってくるはずです。
例えば、パート2のテクニックである、最初の一語を聞き取るのも、無意識にできるようになっていると思います。
それができて初めて、2語目の単語が聞き取れたり、文の最後の単語を聞き取ることができるので、同じ問題でも繰り返し解くことが重要です。


パート7から逃げない

 


600点を越えようと思うと、もう雑にやっていいパートはありません。

 

どれだけ苦手でも5割は取れるように勉強しておかないと確実に越えることは難しくなってきます。

今後の伸びしろを考えてもバランスよく色んなパートで点数を取れるようになっておくのは大切なことです。


そこで登場するのが私が前の記事でも言及している、究極のゼミシリーズです。
これまではリスニングパートのみでしたが、パート7をこの段階で初めて最後まで解きました。

 

 

このシリーズのパート7はなかなかの難易度ですので、私は400点や500点くらいの時は後半の方になると難しくて全然できませんでした。

 

 

最後は全体的に仕上げを!

 

 

 

2ヶ月で攻略シリーズです。

この2ヶ月で攻略シリーズの470点版を500点突破のための勉強で使いました。

470点のものと比べると、語彙やテクニックの点でかなりレベルが上がっています。
こちらは、問題集の流れに沿ってやるのですが、40日とは言わず、時間のある人は30日や25日程度でやってみましょう。
もちろん復習も込みです。

終わった文章から音声のある文章を音読をしてみましょう。
一日一回を、10日間続けると音読した文章は流し聞きしても理解できるようになると思います。


まとめ


TOEIC で600点を超えるにはどのパートでも大コケしない総合力が求められます。

まだ苦手パートを全て潰すことはできませんし、得意パートも、まだまだ改善点があるはずです。
なのでどのパートでもそこそこやる力をつけられるようにバランスよく勉強しましょう!

ところで、模試はやらないの?と思っている方には是非こちらをご覧ください

coming soon ...

 

600点が目前で更にスコアアップを狙う方はこちらがオススメです。

 

www.satorublog.com