TOEICを安く受けよう!定価で受けるのはもったいない!

こんにちは

 

悟です。

みなさんTOEICは受けてますか?

 

今回はTOEICの受験費用の話です。

公式テストの受験料、高いですよね。

1回5725円です。

これだけあれば、新書であれば5.6冊、新しい服と買えるはずです。

なんならTOEIC の問題集も買えます。

 

留学、就活、進学、昇進、転職など様々な場面でTOEICのスコアが求められてきますから、安く受けれるのであれば、安く受けたいですよね。

 

ということで、TOEICヘビーユーザーのあなたに安く受けられる方法を伝授します

f:id:satoruob:20180707133622j:plain

 

 

 

リピート割り

まずは本家で割引を受けられるリピート割りです。インターネット申し込み限定になりますが、去年と同じ月に受験していた場合、5092円で受験可能です。

 

633円の節約!!

 

問題としては、初受験から割引を得るには1年後になってしまうということです。

 

f:id:satoruob:20180707131556p:plain

http://www.iibc-global.org/toeic/test/lr/flow.html

 

IPテスト

学生や会社員の方は、ぜひIPテストを受験してください。

TOEICテストは、2016年の5月に新課程に移りました。(パートごとの問題数や問題形式が変更になりました。)

その為、公開テストの過去問を利用しているIPテストでは一時的に旧課程のテストになってしまう現象がありました。

今はその心配もなく、IPテストを受けても本試験と同様の形式で受験ができます。

値段は4155円と非常にリーズナブルに受験できます。

f:id:satoruob:20180707131758p:plain

http://www.iibc-global.org/toeic/corpo/guide/toeic.html

 

こちらは1637円の節約です!!


ただし、IPテストでは公式認定証が手に入らず、顔写真のないスコアレポートのみとなっています。

大学内や社内でスコアを使用する場合は使える場合もありますが、就活や進学、転職などに使うには公式認定証が必要となります。

 

とりあえず初めてTOEICを受けるorまだ提出に余裕がある場合など、 公式認定証が貰えなくても良い場合に受験するようにしましょう。

 

アルクの優待受験

アルクでTOEIC 講座やヒアリングマラソンなどの通信講座を受講している方であれば、リピート割を狙わずともリピート割と同額で受験ができます。

ただし、アルクで申し込み→メールの受信→本試験へ申し込みの順番になるため、受験の締切日が少し早くなっています。

 

カード払いをする

f:id:satoruob:20180709212956j:plain

劇的に安くすることは出来ませんが、カード払いをすることで、上で紹介した全ての方法に、加えて安く受けることができます。

カード払いをすればそのカードのポイントが得られると思います。

大抵の場合、還元率は1%から2%程度だとは思いますが、こちらも組み合わせることをオススメします。

こちらは公開テストで割引を貰わずに受ける場合は約50円の節約です。

 

まとめ

今回はTOEIC を出来るだけ安く受験する方法について紹介しました。

ハイスコアを狙う人は毎月など頻繁に受けることもあると思います。

 

ここで紹介した方法を使って節約して、TOEICの勉強や他の事にお金を使えるようにしましょう!

 

関連記事はこちら

 

www.satorublog.com

www.satorublog.com