悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

【体験談】ヒアリングマラソン2ヶ月目-英語で環境問題を読む

こんにちは

悟です。

7月に入ったため、ヒアリングマラソンの先月号(7月号)の感想と先月の学習記録を書いていきます!

 

 

 

 

1.英語で学ぶ温暖化

副読本のENGLISH JOURNALの後半にドキュメンタリーとして「南極に見る地球温暖化」と題したものがありました。

f:id:satoruob:20180701144233j:image

農学部の私としては「英語でこのような科学に関係のある文章を載せてくれてありがとう!」という感じです。

科学系の単語はもちろんTOEICでは出ませんし、日常でも聞くことは少ないので、難しいようなイメージがあるかもしれません。

 

しかし、科学の単語は1つの単語に1つの意味が正確についています。

 

例えば、「photosynthesis」は「光合成」という意味を表します。他の単語では「光合成」という言葉の意味を表現できません。

それに対して日常使う「提案」という単語には「proposal」「 suggestion」「 offer」 

など、色々な単語で表すことが出来ます。

 

文章を読んだときに「proposal」しか知らなかったら、「offer」と書かれていて「提案」を意味する時でも意味を読み取ることが出来ません。

 

このように科学系の単語は長く発音しにくい場合もありますが、単語を覚えるごとに理解できる文章が増えていきます。


2.英語で楽しむスポーツ

f:id:satoruob:20180701144223j:image

サッカーや野球が好きな人の中には海外のチームを応援している人も多いですよね。

興味のない人からしたら、試合を見ても全て同じ人に見えてしまいますが…(笑)

 

日本語でもそれなりに有名なチームであれば情報も入りますが、現地のテレビ番組や現地のニュースサイトを見て最速で情報を得たいですよね。

今月のヒアリングマラソンはW杯ロシア大会の最中で、前日までオリンピックも行われていたのでスポーツに関する話題が多く入っています。

 

f:id:satoruob:20180701144413j:image

果たしてカーリングの実況を英語で書くことがあるのか…とは思いますが、面白いです。

 

日本で話題になった「もぐもぐタイム」は英語で「snack time」と言うらしいですよ(笑)

 

3.覚えておきたい単語

大半はTOEICに出ないと思いますが、よく使う単語をピックアップしてきました。

ニュースでは選挙の話題が多いので、選挙に関する単語を少し集めてみました。2番や3番の単語が分かるだけで、内容の理解度は大きく変わってくるかと思います。

 

  単語 意味
1 emotional 感情的な
2 coalition (政党などの)連立、連合
3 alliance (政党などの)同盟
4 eventually 最終的に、結局は
5 Antarctica 南極大陸
6 glacier 氷河
7 vegetation 植物、植生
8 flourish 活躍する、栄える
9 depiction 描写、表現
10 outrage 憤り
11 poll 世論調査
12 tighten (規制を)厳しくする


4.今月の学習時間

今月の学習時間は75時間10分でした。

先月は88時間40分だったのでかなり学習時間が減ってしまいました。

原因としてはおそらくブログを頑張りすぎた事だと思います(笑)

f:id:satoruob:20180702092844p:image

ブログも徐々に慣れてきたので、今月は是非とも90時間を達成したいですね…。

今月も頑張ります!