悟の学習帳

地方大学,英語,投資,読書

当ブログの「英語」カテゴリーについて

こんにちは

悟です。

今回は私のブログの「英語」カテゴリーの説明です。
カテゴリー分けはこれまでもしていましたが、各カテゴリーについての概要を示した記事があると読者さんに優しいのかなと思い、各カテゴリーごとにこのような記事を書くことにしました。

1.私と英語

f:id:satoruob:20180701121332j:plain
私は多分に漏れず中学、高校と英語を勉強してきました。
しかし、中学1年生のころから言葉なのに、付加疑問文などのゴミゴミした文法用語が大嫌いで、大学入試まで英語から逃げ続けてきました。
高校入試は、英語の配点が低めの公立高校に入り、大学入試では、センター試験で200点中108点を取り、2次試験で英語が無い国立大学に入学しました。
大学の英語の講義ではクラス分けで、6つくらいあったクラスのうち下から2番目というお世辞にも英語が出来るとは言えない状態でした。

そんな私の英語力を激変させたのが、大学生協で企画されたTOEIC講座でした。
おそらく他の記事でも書かれていると思いますが、「文法用語を一切使わない」英語の授業で、「語学の勉強ってやっぱそうだよね?!」と思った記憶があります。
それと同時に海外の学生と交流するプログラムに参加し(英語ができないのに)、1年の冬には短期留学に行く予定がたっていました。
短期留学にはTOEICが480点必要で、それに向けて猛勉強し、何とか留学前に500点を突破しました。
そして、2年生の時にも海外の学生と交流するプログラムに参加することになり、TOEICのスコアが低い状態では後輩に示しがつかないと思い、2年の夏に645点を取りました。
600点を超えたあたりで、「自分は英語が得意なのでは?」と勘違いを起こし、就活も見据えて700点、800点を目指して勉強するようになりました。(2018年7月時点のスコアは790点)


英語の勉強をするにあたって、問題集を解くだけでは飽きてきたり、マンネリ化してきてしまいました。
私は読書が趣味なのですが、海外の本が邦訳されてそのような、本を原著で読みたいと思うようになりました。
現在はある程度TOEICスコアを求めつつ、実用的な英語を身に付けられるような勉強にシフトしていっています。

2.ヒアリングマラソンの紹介

私は2018年6月からヒアリングマラソンを始めました。始めた理由としては実用的な英語を身に付けて洋書を読んだり、ドラマやニュースなどを楽しみたいからです。
ヒアリングマラソンでは毎月旬の話題を提供しています。
2018年6月号はフィギュアスケートの羽生選手のインタビューやアカデミー賞のインタビュー、7月号はサッカーの実況を英語で聞いてみるなど楽しめる工夫が様々提供されています。
こういった内容を一部ですが紹介したり、私が覚えておきたいと思った単語もまとめたいと思います。

3.英語の学習記録

f:id:satoruob:20180701121043j:plain
ヒアリングマラソンでは毎月90時間、1年間で1000時間の学習を目標にしています。
私はTOEIC900点を目標にしているため、とりあえずそのスコアに到達するまでは毎月の学習時間をまとめたいと思います。
TOEIC公開テストなど試験を受けた時はそのスコアも発表していきます。

4.TOEICの勉強法

もう一つは私がこれまでやってきた勉強方法の紹介です。
現代において英語を避けて通ることは難しくなっていますし、英語が得意で損をすることはまずありません。
特に学生の人は留学や就職、大学院入試でTOEICやTOEFLのスコアを求められます。
なので、TOEICのスコアアップのための勉強法や何点を目指すべきか、試験のテクニックなども書いていきたいと思います。

5.その他の英語勉強法

英語はもちろんTOEICだけではありませんし、むしろTOEICが英語のごくごく一部です。
なのでTOEICのスコアも上げたいけど、スコアだけじゃないよねといった人や英語で色々なコンテンツを楽しみたい人達を対象に自分がやってきた勉強法やオススメの参考書の紹介をしたいと思っています。

5.まとめ

このブログの「英語」カテゴリーでは「ヒアリングマラソンの紹介」「TOEICの勉強法」「その他の英語勉強法」の3つで書いていこうと思います。