ライフプラン考えてる?簡単にシミュレーションしてくれるサイトを集めました

こんにちは

 

悟です。

みなさんはライフプランシミュレーションをしていますか?既に社会人の方はもちろん学生でも考えていて損はありません。

 

学生であれば、まだ就職もしていないので、給料がいくら貰えるのか全くの未知数です。

それだとしてもライフプランを考えることは意味があります。

 

「絶対マイカーが欲しい!」「早く仕事を辞めて悠々自適な生活を送りたい!」など自分が将来どのような暮らしをしたいのか、今の生活スタイルで今後は大丈夫なのか、早めに確認しておく必要があります。

しかし、子どもが私立大学に行く、稼ぎ手が病気等で働けなくなるなど、不安はつきものです。

 

そのような不安を少しでも解消するため、不測の事態に備えるためにも、シミュレーションをして検討してみることが大切です。

シミュレーションと言ってもサイトに基本的な情報を入れるだけで簡単に結果を出してくれるサイトが沢山あります。

その中でも私がお勧めのサイトをいくつか紹介します!

 

1.自分で描く未来予想図 ライフプランシミュレーション(全国銀行協会)

www.zenginkyo.or.jp

まず一つ目は全国銀行協会が運営するサイトです。まずはきほんシミュレーションんとくわしくシミュレーションの二つに分かれます。

この辺りはどのサイトにもたいていついています。

f:id:satoruob:20180616101050p:plain

https://www.zenginkyo.or.jp/special/lps/advance.html

 私がこのサイトを推す理由はこちらです。

f:id:satoruob:20180616101234p:plain

https://www.zenginkyo.or.jp/special/lps/advance.html

「あなたの性格は?」という質問があり、これらの質問に答えることで消費性向を読み取り、日々の生活費を算出してくれます。

残念ながら生活費などを直接表示することはできませんが、直感的に操作することが出来るため、ざっくりとしたシミュレーションをするのには向いています。

くわしくと言いつつ、かなり簡単なので

ライフプランシミュレーションをやったことのない人におススメです!

収入や子どもの教育費、退職年齢を変更して、資産残高がマイナスにならないような組み合わせを考えてみてください。

 

2.知るぽると 金融広報中央委員会

  次は「知るぽると」というお金にまつわる情報をまとめてあるサイトです。

こちらも非常に信頼度が高いサイトですね。

www.shiruporuto.jp

このサイトのシミュレーションの良いところは生活費等の参考値が詳細に示されていることです。

1か月の生活費や服に使う金額はと言われてもはっきりと答えることは難しいですが、このような参考値があることでシミュレーション時の参考にすることもできます。

更に、これらの値と比較して自分はどうかと確認することもできます。私の場合1人暮らしの被覆・履物費が2640円って、確実にそれ以上使っている気がします…。

家計の見直しにも大いに役立ちそうです。

f:id:satoruob:20180616102503p:plain

https://www.shiruporuto.jp/public/document/container/sindan/input/

  その一方で、自分がどの年金をもらえるのか、金額はいくらかなど少し知識が必要な部分もあるので、全体的なレベルは高そうです。

 

3.ライフプランシミュレーション スルガ銀行

 最後はスルガ銀行のHP内にあるシミュレーションです。このサイトは私が最もオススメするサイトです!

ライフプランシミュレーション | スルガ銀行

このサイトでのシミュレーションは他のサイトに比べてダントツに詳しくシミュレーションできます。

多くのサイトは、自分の収入や家族について入力したのち、日々の生活費や退職年齢を入力してシミュレーションを行いますが、スルガ銀行ではそれに加えて、貯蓄運用や保険、教育についても詳細に決めることが出来ます。

f:id:satoruob:20180616103608p:plain

https://bk.elpn.jp/surugabank/lifesimu/index_d.php

 他のシミュレーションではなかなか資産運用に関して設定が出来ず、資産運用を積極的に行う人にとって結果が悪く出やすいという悩ましい現象がありましたが、こちらでは毎月の貯蓄額などを設定できます。

f:id:satoruob:20180616103900p:plain

https://bk.elpn.jp/surugabank/lifesimu/education/

教育に関しては、幼稚園から大学まで公立か私立か全て選択が可能になっています。

なので、第1子は大学だけ私立、第2子は中学から私立といったシミュレーションも可能です。

既に子どもがいる家庭などでは現状を再現するのに非常に適しています。

 出来るだけ詳細にシミュレーションしたい人におススメです!

 

4.まとめ

f:id:satoruob:20180616111059j:plain

 以上が私が使ってみていいなと思ったライフプランシミュレーションのサイトです。

この中で最も使いやすかったのはスルガ銀行でしたがシミュレーションは細かければいいというものではありません。

詳細にすればするほど、予測から少しでも外れる事が起きた時にシミュレーションを修正する必要が出てきてしまいます。

将来子どもが私立に行くか行かないかなんて、実際になってみないとわかりませよね。

それならば、親が必死に考えてシミュレーションする必要はありませんから、ざっくりとシミュレーションしてしまった方が結果的に現実に合うという場合も多くあります。

更に予測する未来が遠くなるほど、誤差は大きくなってしまいます。

 

 なので、これらのサイトを使う時は、「今から何年後の結果を見たいか」ということを考えてもらいたいです。

5年後10年後なのであれば、スルガ銀行のような詳細に入力いる方が適切です。

しかし30年後40年後のような未来はどのようになっているか全く予想がつきませんよね、年金制度も変わっているかもしれないし、法律もおそらくかなり変わっています。

学費も今と全く同じということは無いはずです。

こういった場合は初めに紹介したようなざっくりとしたシミュレーションが向いています。

 

 今後も、良いサイトがあれば追加して紹介していこうと思っています!